シミュレーション技術について


@ LNG基地設計・建設
LNG基地の設計・建設に関しては高い信頼性が要求されます。当社の3つの基地建設の経験を取り入れたLNGタンク応力解析・地震応答解析、LNGプラント信頼性評価などにより、信頼性と低コストの両立を実現出来ます。その他、基地建設に伴う各種アセスメント対応として、排ガスの拡散解析、温冷排水の拡散解析なども実施致します。

ALNG基地スタートアップ
過去のスタートアップ経験で得たノウハウを取り入れ、配管クールダウン計算、タンクドライング解析、パージ解析を実施することにより、基地の確実なスタートアップ を支援すると共に、費用の低減も図れます。

B LNG基地運転・保守
LNG基地において信頼性を確保しつつ安価に保守・運用するために、BOG発生量推算シミュレーション、各種液混合ロールオーバーシミュレーション等を行い、多液種の混合貯蔵、BOG発生量の平準化の実現が可能です。

Cその他一般
当社では、汎用有限要素法解析、汎用伝熱流体解析、ガス拡散・輻射熱計算などが実施できる保安・防災解析、ボーリングデータを基にした土壌調査データの可視化などを用いることにより、LNG以外のプロセスにおいても、過去に培ったノウハウを活用し、必要とされるシミュレーション技術支援を提供いたします。

 

例1:温排水拡散シミュレーション
例2:球形ホルダーパージシミュレーション
例3:ロールオーバーシミュレーション
例4:土壌分析シミュレーション

 

 

 

 

 

 

 

 

閉じる