< Emerging Technologies へ戻る

 

非接触液体粘性チェッカー

 

 

世界初のユニークな原理を使った非接触液体粘性チェッカー「ビスコウエーブ」を開発、2017グッドデザイン賞を受賞しました。

ビスコウエーブの外観

 

機器開発の背景

液体の粘性は、産業界の様々なプロセスにおいて計測される重要な物理属性の一つです。塗料の粘度調整やスープなどの液状食品の濃度管理、エンジンオイルや調理油の劣化診断、など、液体の粘性を適切に制御しなければならない分野が多く存在します。 粘度を計測する方法は、一般に液体を撹拌する時の抵抗の大きさを測ったり、細いチューブを通過する時間を計測したりするなど、いずれも計測対象に直接接触する必要があるため、再度計測を行う際には器具をきれいに洗浄する必要があり、手間がかかるうえに連続的な計測がしにくい等の課題がありました。

開発品の概要

今回開発した製品は、密封した容器に入れた液体を装置に入れて数秒間振動させるだけで液体の粘性をチェックすることが可能です。また、液体の中に計測するための器具(抵抗体や重り)を入れずに計測することができるため、計測のたびに機器を洗浄する必要がなく、極めて簡便かつ短時間に対象の粘度をチェックすることができます。 今回開発した製品では、振動するサンプルとセンサー回路を一体化してより計測の精度を高めることに成功、食品を扱う店頭での使用を想定して、できるだけ小さな装置とすることに配慮しました。

測定器の原理

 

粘度標準液を使った装置出力の校正

(注)本装置は、液体の粘度以外の要素(例:密度)などの影響を受けます。それぞれの測定対象について
   予め校正を行うことが必要です。

今後の予定

今年度末までに商品化を完了し、販売を開始します。お問い合わせはこちらまでお願いします。

 

グッドデザイン賞受賞に際し、審査員からは下記のような評価をいただきました。

今までは研究室で扱われるような専門的な機器であった粘度モニター技術を、民生シーンに落とし込んだまったく新しい考え方の製品である。新たなマーケットの創出までを含んだ開発思想であることが興味深く、全体的にまとまりのあるフォルム、美しいインターフェイスなど完成度の高さが、安心で安全な暮らしへの貢献性の高さを予感させる。

 

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。 http://www.g-mark.org/

 

 

△ページトップへ

 

 


Copyright 2017 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて