ドッグイヤーと呼ばれるようにビジネスの世界では様々な技術が日々ものすごい勢いで登場しています。
もちろん東京ガス・エンジニアリングでは、展開する事業に関連する新技術に絶えず目を向けています。
このページでは、TGEが独自の視点でそうした新規技術に鋭く切り込みます。

 

(株)爆発研究所
独自のロジックと、コージェネレーション(以下コージェネ)と太陽光発電設備を一緒に稼働させることで、非常時でも安定して電力を利用できるシステムです。

 

SARPCO
独自のロジックと、コージェネレーション(以下コージェネ)と太陽光発電設備を一緒に稼働させることで、非常時でも安定して電力を利用できるシステムです。

 

非接触液体粘性計測装置の開発
密封した容器に入れた液体を装置に入れて数秒間振動させるだけで、液体の粘性を計測する技術を開発しました。

 

ラップポン・トレッカー3
組み立てトランク型自動ラップ式トイレのご紹介です。自動大規模災害時などの備えに。

 

LNG測定用超音波液体流量計:Sentinel LNG
GEセンシング&インスペクョン・テクノロジーズのSentinel LNGは、超音波流量測定技術をLNG (液化天然ガス)に応用し、高精度化したもので、OIML(国際法定計量機関) R117-1 Class 0.3規格を満たした製品です。

 

セーバープロ スマート
セーバープロが、タブレットとの通信機能を搭載した多機能型セーバープロ・スマートとなって生まれ変わりました。
今後生産が終了する自記圧式圧力計の代替として唯一の後継機種です。

 

HAST送風機
管路内作業安全性向上のための切り札、無翼扇型送風機を共同開発しました。

 

レーザーメタンmini-G
レーザーメタンmini-G専用オプション

コンパクトなサイズで好評を得ているレーザーメタン検知機が更なる進化を遂げ、レーザーメタンmini-G(ダッシュG)となりました。緑色レーザー採用、スマホ連携機能も実現。この度、定点計測用の専用オプションパーツも開発いたしました。

 

低濃度メタン燃焼システム
メタン濃度の低いバイオガスでも安定して燃焼処理ができる、低濃度メタン燃焼システムをご紹介します。

 

防爆防水携帯無線機
爆発性ガスを扱う環境でも安心して使うことのできる、防爆防水携帯無線機をご紹介します。

 

表面処理方法と塗膜強度の関係
電動工具やサンドブラストという方法などの従来工法とTGEで推進しているサーブラスト工法(ウォータージェット工法)を比較検討をしてみました。
塗装膜の長寿命化のためのサーブラスト工法の有用性が確認できました。

 

ハイブリッド・カウンタ:HyC-5ecoP
「スマート」と呼ぶにふさわしい様々なインテリジェント機能が搭載された次世代型のガスメータ用カウンターが開発されています。

 

個人の体感温度の調査について
温度測定サービスの新しい応用のご紹介です。オフィスなどの固定した場所ではなく、個々の人間の周りの温度を2週間に渡って追跡してみました。

 

フロートガスセンサーの開発
下水道設備という厳しい環境下で、長期的に可燃性ガスの流入をモニターするセンサーシステムをご紹介します。

 

吸着式熱量変動制御技術
気化ガス中の重質ガスの熱量変動を、最適化した吸着材を使うことによって抑制・安定化することが出来ます。

 

ガス事業におけるバーチャル・プライベート・ネットワークの活用
都市ガス業界においてVPNを積極的に利用している、新発田ガス様の取り組みをご紹介します。

りん酸形燃料電池:FP-100i 
環境に優しい燃料電池の中でも、比較的古くから開発が進められ、それだけ製品としての完成度が高いとも言えるのがりん酸形燃料電池です。開発・製造販売されている富士電機様を訪問しました。

 

サーブラスト塗膜剥離システム 
東京ガス、東京ガス・エンジニアリングの共同開発。ガスホルダー等の鋼構造物の塗装を、超高圧の水を使う「サーブラスト工法」で剥離します。環境に優しいシステムです。
 

 

塗装の剥離プロセス
鋼構造物を長く維持管理していくためには、適切に塗料を剥離し、新しい塗膜で表面をコーティングしていく事が大事です。 塗膜剥離のプロセスについてご説明します。

 

 

サーブラスト工法の応用展開
環境に配慮したサーブラスト工法に対するニーズが益々高くなる現在、自動車道や鉄道などの橋や、石油備蓄基地を含む大型タンクの塗装剥離などへの応用が期待されています。

 

温度補正機能付漏洩検査器 セーバープロI
エイムテック(株)が開発し、プロパンガス用で普及が進む温度補正機能付き漏洩検査器「セーバープロI」の都市ガスバージョンがついに実用化されました。

 

 

セキュリティーセーバープロの開発
東京ガスでの認証を受けて都市ガス業界での活用が急速に広がっているセーバープロIですが、早くも次世代をにらんだ開発がスタートしました。その第一弾はセキュリティーセーバープロ。新開発の機器ではデータの信憑性を高めるための工夫がなされています。

 

ガス栓製造工場見学 (株)サンコー新潟工場  
(株)サンコー様の工場は上越市直江津にあり、おもに東京ガス向けの都市ガス用のガス栓などを作っています。ここでは人々の安全を守る製品の製造現場をレポートします。

 

 

超微小静電容量計測器 FEMTO METER:フェムト・メーター  
ここで紹介するフェムト(千兆分の一を表す)・メーターは、10のマイナス15乗という猛烈に小さい静電容量の変化を計測できる装置です。この機械を使って、微生物の活性を計測できるのではないかと考えています。

 

ボトル内液体物検査装置:SLC-215D  
大手航空会社とのコラボレーションによって航空機内に持ち込むペットボトルの内容物を検査する装置が開発されました。僅か数秒で検査を行うなどの特長を持ち、日々、日本の空の安全に目を光らせています。

 

 

液体物検査装置:SLC-315D 
全体的な形は変わっていませんが、最初の導入時のモデルからいくつもの改良を加え現在に至っています。ここでは最新の液体物検査装置SLC-315Dについてご紹介します。

 

Making Of the Bottled Liquid Checker
いろんな幸運が重なって世の中に押し出す事が出来たボトル内液体物検査装置の開発の過程を、ちょっとだけご紹介したいと思います。

 

レーザーメタン mini 
レーザーメタン検知器の新機種が登場しました! 圧倒的な小型化、ニーズの高かった防爆仕様もプラス。
今後の標準となること間違いなしでしょう。
 

  レーザーメタン・ミニの特長
発売以来ご好評をいただいている、レーザーメタン・ミニ。その特長をご紹介します。
  レーザーメタン検知器の製造現場
東北郡山のレーザーメタンミニの製造工場を訪ねました。

 

レーザーメタン探知機 
レーザー光線によってメタンガスを遠隔探知する装置のご紹介です。
 

  炭鉱での可燃性ガス検知
石炭などの採掘現場におけるレーザーメタンの応用の可能性についてレポートします。
  レーザーメタン検知機の環境応用について
地球温暖化の原因のひとつとして考えられているのが温室効果ガスです。レーザーメタン検知機を応用することによって、これまでできなかったメタンガスの排出モニターが可能になります。

  レーザーメタンを理解するためのホップ・ステップ・ジャンプ
これを読めば、今日からあなたも レーザーメタンの専門家です。
  測れるのはメタンガスだけ?
多様なニーズに対して果敢にチャレンジし、今も新しい市場の開拓をしています。
  漏洩危機管理とレーザーメタン探知器の活用
都市ガスの保安向上に大きな貢献をしているレーザーメタン探知器の活用についてご紹介します。
  使い方のノウハウ
もっと便利にお使いいただくために、余り知られていないレーザーメタンの便利な使い方をご紹介します。
  レーザーメタン検知器のもうちょっとまじめな原理
1ナノワットの信号からどうやって漏れを見つける?この機器の原理を少し真面目にご紹介します。

パイプロケータ「SSP-212G」 たんさくん
地中や建物などに埋設されている金属配管を非破壊で検査する装置です。基本仕様の埋設間・屋内配管位置探査のほかに、パイプ貫通釘探査や陶管隔離探査、路面表示機探査、さらには不使用管・供先管探査など多彩な機能満載です。
 

真空パージ式ガス回収装置
東京ガス開発、(株)ニシヤマ様製造委託。新開発の専用真空ポンプによって残ガスを吸引排出します。さらに、既に開発済みの吸着回収容器を併用することによって、火気を用いることなく安全にガスを回収することが可能になりました。
 

芯だし装置「FRAD」 
東京理学検査(株)様開発。壁や床に貫通穴を開けたい時、反対側の穴の位置はどの辺りになるのか・・・。
この装置を使えば、材質などの影響を殆ど受けずに裏面での位置だし測定が可能です。

 

地中金属探知機「ディープサーチ」 
地雷の探知用に開発された装置を改造した、イタリア製の地中金属探知機。深い埋設深度(〜3m)まで探査可能で、ガス管の縦管を含めかなりの精度で位置を特定することが可能です。

 

雑草水素 
雑草から水素ガスが発生する!

 

温度にまつわる話 
「温度」に焦点を当てて幅広く議論していきます。

 

LNGテクノロジー 
天然ガス供給のパイオニア、東京ガスのLNG技術をご紹介します。
 

 

オープンラック式LNG気化器:HiPerV
伝熱管形状の最適設計技術の確立などにより世界で最も低コストかつ高性能なオープンラック気化器:HiPerV (High Performance ORV)を東京ガス蠅判四Ю彩蠅開発しました。

  セラミックターミナルヘッダ・低温ケーブル
過酷な条件(極低温,高圧力および振動等)においても使用する事が可能な液中ポンプ電源供給設備のご紹介です。

  LNGポンプ  
東京ガスでは、LNG昇圧用の大容量でかつ吐出圧力が高いインタンクポンプを日立製作所と共同で開発しました。高い信頼性を誇る大容量・高揚程LNGポンプのご紹介です。
  温風導入型空温式LNG気化器−HAV−  
東京ガスは、温風導入装置を組み合わせ冬期の気化性能も確保した、温風導入型空温式気化器-HAV-を開発しました。
  LNGタンクノズルのバルブ交換  
LNGタンクの屋根ノズルに設置された機器やバルブの、運転中でも安全な交換技術のご紹介です。
 

LNG Technologies 
In this section of our website we would like to inform you of how we provide the LNG technologies to enhance your lifestyle.(English)

 

ガスハンドリング技術
  ガスハンドリング技術のコンセプト
  吸着現象を使ったガスハンドリング
安全・安心であると共に、地球環境とCS向上に貢献できるガス吸着回収システムのご紹介です。

VOC含有排水処理装置:エコ・バブラー
〜燃やして廃棄物ゼロ!環境にやさしいシステム〜 東京ガス総合研究所で開発された汚染地下水等の処理システムを紹介します。

 

 

開発者のインタビュー
開発者の瀬尾敦子さんにエコバブラー開発についてお話を伺いました。

 

GeOAP (GeOAPサイトへのリンク)
地理情報をユーザに提供するWebサービス、GeOAPシステムについてのご紹介です。

 

  GeOAPがバージョンアップ!
最近急速に利用の拡大の兆しが見えるGeOAPシステムのバージョンアップ説明会が開催されました。
「GeOAP技術の基礎講座」、「GeOAPの新機能」、「GeOAPのこれから」についてご紹介します。
  GeOAPのコンセプト 
何のために地図は必要なのか。システムに込めた思い。GeOAPのコンセプトをお伝えします。
  GeOAP「マルチーズ計画」始動! 
GeOAPの核、それは地図に色んな情報をプロットすること。まずはお客様が地図に何をプロットされているのか、そこから業務の効率化や付加価値を高めてゆければと考えています。


Copyright 2017 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて