< Emerging Technologies へ戻る

 

現場の発生ガス成分分析で大活躍

ポータブルガス成分分析装置 DIK-DX4040

 

 

万一現場での作業中にガスが噴出した場合、まずはそのガスの成分を知ることが急務になります。緊急時には、ガスをサンプリングして研究所に持ち込んでいる時間がない場合もあるでしょう。そんな時に活躍する頼れる分析機器DIK-DX4040を紹介します。

この装置は、実験室などでガス分析に使われるフーリエ変換赤外分光計(FTIR)を、バッテリー駆動で作業員一人で運べる大きさにまで小さくしたものです。

DIK-DX4040 特長

● FTIR (フーリエ変換赤外分光)法でガスの多成分同時分析が可能。
  約400 種から50 成分を同時測定
● 現場測定に最適な高速応答(50成分、約2分)
● 小型軽量(13.5Kg)、バッテリー駆動、サンプリングポンプ内蔵
● 校正は1 日1 回のゼロ校正。
● 低ランニングコスト(N2 ガス、ガスフィルター)
● 感度校正不要

製品仕様

項目 仕様
測定セル温度

雰囲気温度 (結露のない事)

サンプル流量

1.5L/min (大気エアー)

電 源 DC11.25Vリチウムイオンバッテリ※
消費電力 120W
仕様雰囲気温度 0〜40℃
操作部 PDA (Personal Digital Assistant)またはPC
サンプル中水分量

0〜3% (V/V)

サンプルセル容積 0.4L
測定濃度範囲 sub-ppm〜% level (ガス成分による)
測定波数範囲 900〜4,200 cm-1
測定波長範囲 2.5〜10μm
外形寸法 161x390x406mm (HxWxD)
質 量 約13.8kg
※バッテリー動作時間約2.5時間 (Bluetooth ON時、周囲温度による)

 

構成

・本体(バッテリ含)  1 式 
・PDA( 操作部) 
・サンプリングプローブ(ダストフィルター付)
・付属品(電源ケーブル・充電ケーブル・通信ケーブル 各1 本、交換フィルター4 個)

【PDA( 操作部)】 Calcmet Lite(PDA)操作画面 Calcmet Lite(PDA) 測定結果画面


FTIRと言えば研究所にどんと置いてある大きな装置を想像してしまいますが、それが一人で運べる大きさになるとは驚きですね。現場での緊急対応などにおいて力強い助っ人になってくれること間違いなしです。
詳しくはこちらまでお問い合わせください。

 

 

 

△ページトップへ

 

 


Copyright 2018 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて