< Emerging Technologies へ戻る

MIL-D1/DS


地中金属探知器 ディープサーチ

 

 

ガスや水道などに関連した事業では、地表を掘削して配管を敷設したり、漏洩のある配管を取り替えたりする工事が日常的に行なわれます。その際、どこに配管が埋設してあるかという情報を、通常事業者はマッピングシステムなどにより把握しています。しかし、言うまでもなく掘削は非常にコストのかかる作業ですので、センチメートルのレベルで配管の位置を予め把握することは経済的にも時間的にも大きなメリットがあります。ここで紹介する地中金属探知機「ディープサーチ」は深い埋設深度(〜3m)まで探査可能で、工事業務の強い見方になること請け合いです。

元々のニーズ

この装置のメーカーであるイタリアのチェイア社は、空港等のセキュリティ用金属探知器、食品や繊維業界向けの異物混入探知器や軍用・人道支援用の地雷検知器などを開発・販売している研究開発型の企業です。ディープサーチも元々は、地雷の探知用に開発された装置を改造したもので、実際に戦場あるいは終戦後の地雷原からの地雷撤去業務に従来の地雷探知器が活躍していた中、地表付近ではなく地中深くに埋まっている不発弾探知のニーズが高いことを元に開発されたそうです。配管も不発弾も地面に埋まっている金属体であるには違いありません。厳しい軍用のニーズに応えられる装置であれば、埋設配管の探知に使えるのではと思うのも道理でしょう。

ディープサーチの特長

    磁性体および非磁性体の金属の探知が可能で取り扱いも容易
    地中深くに埋もれているものに対する優れた検知能力を持ち、正確に位置を特定
    鉄分を多く含む地質でも適用可能
    快適性を追求した軽量で人間工学的に考慮されたデザイン
    軍用レベルの電気的・機械的信頼性
堅牢なケースに入ったディープサーチ。
ハードな現場での作業もへっちゃらです。
ディープサーチを使用中の様子。
軽く、作業性も抜群です。

 

概略仕様

寸法 探知部直径 280mm
ハンドル長 1600mm(伸縮可能)
電装ユニット 215 x 155 x 80mm
ケース 950 x 440 x 155mm
重量 探知ヘッドとハンドル 3.9kg
電装ユニット(電池含む) 1.6kg
ケース 7.7kg
プロテクションレベル ディープサーチ IP68(IEC529)
耐衝撃ポリプロピレン製ケース IP68(IEC529)
保管温度 -55℃ 〜 +75℃
運用温度 -46℃ 〜 +65℃
備考 ・アラーム音及びLCD表示
・バッテリー充電表示

 

配管探査の性能

まだ、十分に評価が終ってはいませんが、従来の地中探査レーダーで困難だったアスファルト舗装での配管探知や、立ち上がり管なども検知できる事が明らかになっており、即戦力の機器として期待が高まっています。ご質問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

△ページトップへ

 

 



Copyright 2018 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて