商売のサイエンス トップへ

 

     

2009年4月15日

Vol.096

     
ゆっくり行こう
 
       
 

世の中はなんでもかんでも大忙しである。忙しい部分は景気が良くても悪くても余り関係がないようである。締め切りに追いまくられてみんないつも走っている。下手に暇そうなそぶりでもしたものなら、リストラされるかもしれないからなおさらである。暇であることを周りの人には決して悟られてはいけない。

3月は企業活動の〆の季節だから、いつも以上に大変だ。たかがお金の勘定だけど、それが膨大な量になるから、そう簡単には計算も終わらない。やっと4月になって一段落したかと思えば、次は新しい年度の活動計画を立てなくてはいけない。異動してきた人に色々と教えてあげることや引継ぎもしなくてはいけない。やっぱり暇などやっては来ない。

大体以前は、社員に通知をするにも、手書きで資料を作って印刷してそれからその紙を封筒に入れて送ったから、それだけでも時間がかかった。ところが今ではみんなメールだから、ワープロで資料をコピペして同報アドレスに送ればそれでおしまい。スピードは以前とは比べ物にならない。まあ、余計な手間と紙を節約できたのだから良いことには違いがないのだけれど、おかげで次の資料を作る時間が出来てしまった。さあ、暇を悟られぬようまたメールを送り続けるのだ。

なんか皆さんこんな暮らしをしていると、いつのまにか呼吸が速くなっていませんか?

窓の外で桜が咲いていることさえ気がつかないような生活を送っていませんか?

こんな時は、もうちょっとゆっくり行ってみましょうよ。ゴーイングスローリー。時定数の短い社会は、どうせあっちへ行ったりこっちへ行ったりと振動を繰り返しているに違いない。そんな社会の流れに必死についていっても、結局帰ってくる場所は同じのような気がしてならない。落ち着いてゆっくり深呼吸をしてみる、電車の窓から遠くを眺めて桜の花を眺めてみる。そんな些細なことが自分の周りの暮らしを段々変えていく。大急ぎのガサガサした生活がちょっとずつ変わっていく。

そんなこといったって締め切りはどうする、というかもしれない。そんなことをやっても何も変わらない、と言うかもしれない。まずは信じるところからはじめましょう。きっと変わるから。ゴーイングスローリー、いいですよ。

 

 
       
  ← Vol.095
Vol.097 →  
       


Copyright 2018 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて