←センサ道場トップへ戻る

 

第2回 非線形素子の扱い方

 

お待たせいたしました。センサ道場第2回は「非線形素子の扱い方」です。

非線形素子って? と思う方もいらっしゃるかもしれません。 よく使用されます抵抗などは、オームの法則に従っているため、もちろん電圧と電流は比例関係にあります。このような性質をもつものは線形素子と呼ばれまています。一方で、非線形素子とは電圧と電流が比例関係にないものと言えます。

線形素子・・・・・・・・ 電圧と電流が比例 抵抗など
非線形素子・・・・・・ 電圧と電流が比例しない ダイオード、トランジスタなど

 

抵抗    V=IR ; オームの法則
ダイオード
 
     
 

 

この2つが一緒に回路の中にあったらどうなるでしょう?オームの法則は使えない??

 

条件
1.回路は一つ:抵抗もダイオードも流れる電流Iは同じ

2.抵抗とダイオードの電圧を加えたのが電池電圧E
           E=VR+VD

 

抵抗とダイオードそれぞれの言い分

 

ダイオードの言い分

両方の言い分を満たすQ点で回路は動作する
抵抗の言い分

VD = E-VR
  = E-IR

 

おおざっぱな計算だと・・・

 

・シリコンダイオードは0.6VまではOFFで、0.6V以上でON.
・抵抗(直線の傾き)はゼロ

 

 

このように、ダイオードの型番などを知らなくても、だいたいの値は計算できるのです!

 

 

「センサ道場」はこれからもどんどん続きます!ご期待ください!!

 

 

▲センサ道場トップへ戻る 

 


Copyright 2018 TOKYO GAS ENGINEERING SOLUTIONS CORP. all rights reserved.

個人情報のお取り扱いについて